SAKI OTSUKA、幼少期から絵を描くことに惹かれ、15歳に発症した複雑性ptsdと共に生きるように絵を描き続けている。「ここにいる」という一貫したメッセージを絵に込めて創作活動を繰り広げて、作品制作・発表に取り組んでいる。自己の中心から発せられる力を客観的な写真にも落し込み写真家としても活動しています。写真、絵画、インスタレーション等、作品は多岐にわたる。

今回の展示した『魂の花』では、生命力に満ちた花をテーマにしたシリーズ作品。SAKI OTSUKAは、現在の世界における新型コロナウイルスの流行や戦争による変化に着目し、そして、自身や社会、自然との関係性を再認識に焦点を当てている。「花」を媒介とし、鮮やかな色彩と自由な表現を用いて、「生存」と人間の根本的な欲望に対する深い思考、幸福と美への追求を表現。SAKI OTSUKAの制作は、既存の枠組みや一般的な認識から脱却しようとし、彼女自身と作品が一体となっている。精神と肉体の境界線上で交差し、逆転し、変容する。SAKI OTSUKAは、「生き方そのものが創作である」と述べ、その壮絶な経験から生み出された鮮烈なイメージを形にし、誠実で美しく、自由である。皆様ぜひSAKI OTSUKAの作品を楽しんでいただければ幸いです。

 

ART MARKET 2023 サテライト会場にて展示。

会場:nap palm(千駄ヶ谷)
住所:渋谷区千駄ヶ谷1-7-4ヒルトップスクエア1階
会期:2023年9月1日(金)~3日(日) 12:00 ~19:00  ※最終日のみ18:00閉場。

MORE

SAKI OTSUKA

魂の花/春

2022

¥ 242,000 (税込)

SAKI OTSUKA、幼少期から絵を描くことに惹かれ、15歳に発症した複雑性ptsdと共に生きるように絵を描き続けている。「ここにいる」という一貫したメッセージを絵に込めて創作活動を繰り広げて、作品制作・発表に取り組んでいる。自己の中心から発せられる力を客観的な写真にも落し込み写真家としても活動しています。写真、絵画、インスタレーション等、作品は多岐にわたる。

今回の展示した『魂の花』では、生命力に満ちた花をテーマにしたシリーズ作品。SAKI OTSUKAは、現在の世界における新型コロナウイルスの流行や戦争による変化に着目し、そして、自身や社会、自然との関係性を再認識に焦点を当てている。「花」を媒介とし、鮮やかな色彩と自由な表現を用いて、「生存」と人間の根本的な欲望に対する深い思考、幸福と美への追求を表現。SAKI OTSUKAの制作は、既存の枠組みや一般的な認識から脱却しようとし、彼女自身と作品が一体となっている。精神と肉体の境界線上で交差し、逆転し、変容する。SAKI OTSUKAは、「生き方そのものが創作である」と述べ、その壮絶な経験から生み出された鮮烈なイメージを形にし、誠実で美しく、自由である。皆様ぜひSAKI OTSUKAの作品を楽しんでいただければ幸いです。

 

ART MARKET 2023 サテライト会場にて展示。

会場:nap palm(千駄ヶ谷)
住所:渋谷区千駄ヶ谷1-7-4ヒルトップスクエア1階
会期:2023年9月1日(金)~3日(日) 12:00 ~19:00  ※最終日のみ18:00閉場。

MORE

取り扱い KIYOSHI ART SPACE
サイズ 72.7 x 60.6 x cm
素材 Acrylic on Canvas
商品コード 1100026813
配送までの期間 1週間程度かかります
カテゴリー
購入条件

RELATED ART WORKSSAKI OTSUKAの作品一覧

RELATED ART PRODUCTSSAKI OTSUKAのアートプロダクト一覧