西川茂「Over the Fence 2」

西川茂「Over the Fence 2」

 西川茂(にしかわしげる)は1977年岐阜県生まれ。1997年に近畿大学理工学部土木工学科環境デザインコースを中途退学、2002年大阪芸術大学附属大阪美術専門学校芸術研究科絵画コースを修了。2007年から1年間アメリカ・ニューヨーク州の障がい者と健常者の共同生活体「トライフォーム・キャンプヒル・コミュニティ」に滞在、絵画コースでアシスタントを務めました。これまでに奈良、京都、東京で個展を重ね、現在は奈良市と京都木津川市を拠点に活動しています。

 西川は近年、都市に突然出現する布状のシート、仮囲いに覆われた、建設中、改築中、あるいは解体中の建築物や構造物を題材に、抽象的表現を試みています。シートの向こう側では、短期間のうちに建築物が出現したり、更地に戻されたりと風景が一変します。私たちはそれにより、眼に見えている総ては堅固に安定したものではなく常に変化している、ということに気付かされます。西川の「シールド・ハウス」の作品は、「万物の流動性」や、「生成と消滅」、「時間」を表現しようとする試みであり、写実性、再現性から離れ、テーマに相応しい動きのある大胆な筆触で描かれます。

 

渋谷区道玄坂二丁目 24 番土地における開発計画のために、東急百貨店本店の解体が始まる。それにともないBunkamuraも一部を除いて春より長期休館に入る。現行のBunkamura Box Gallery の空間では最後の展示となるこの展覧会の開催にあたって、変容する渋谷の今を捉えてみたいと考え、2022 年 10 月、渋谷の街を取材に訪れた。 

3 日間、地図を片手に渋谷区内をとめどなく歩く中で、様々な建設中、あるいは解体中の建物や、束の間の空き地を目にした。当然、その場所にこれまでどのような建物が立っていたのかも、これからどのような建物がそこに立つのかも僕には分からない。けれども歩き続ける過程で、身体には変わりゆく街の匂いや、色が染み付いてくるのを感じる。 

数年前に描いた建設中の渋谷スクランブルスクエアのビルはすでに完成して、一つのランドマークとして渋谷の真ん中に立っている。取材の最後に訪れたその屋上から、灰色に溶け込む街を見渡してみた。見渡す限りの風景のこれまでとこれからをなんとなく想像してみるが、結局はどこを区切るかというだけで、これまでもこれからの風景も続いていた。 

変わるということが変わらない事実として、いつも目の前に広がっている。 

西川茂

 

MORE

西川茂

Over the Fence 2

2023

¥ 445,500 (税込)

 西川茂(にしかわしげる)は1977年岐阜県生まれ。1997年に近畿大学理工学部土木工学科環境デザインコースを中途退学、2002年大阪芸術大学附属大阪美術専門学校芸術研究科絵画コースを修了。2007年から1年間アメリカ・ニューヨーク州の障がい者と健常者の共同生活体「トライフォーム・キャンプヒル・コミュニティ」に滞在、絵画コースでアシスタントを務めました。これまでに奈良、京都、東京で個展を重ね、現在は奈良市と京都木津川市を拠点に活動しています。

 西川は近年、都市に突然出現する布状のシート、仮囲いに覆われた、建設中、改築中、あるいは解体中の建築物や構造物を題材に、抽象的表現を試みています。シートの向こう側では、短期間のうちに建築物が出現したり、更地に戻されたりと風景が一変します。私たちはそれにより、眼に見えている総ては堅固に安定したものではなく常に変化している、ということに気付かされます。西川の「シールド・ハウス」の作品は、「万物の流動性」や、「生成と消滅」、「時間」を表現しようとする試みであり、写実性、再現性から離れ、テーマに相応しい動きのある大胆な筆触で描かれます。

 

渋谷区道玄坂二丁目 24 番土地における開発計画のために、東急百貨店本店の解体が始まる。それにともないBunkamuraも一部を除いて春より長期休館に入る。現行のBunkamura Box Gallery の空間では最後の展示となるこの展覧会の開催にあたって、変容する渋谷の今を捉えてみたいと考え、2022 年 10 月、渋谷の街を取材に訪れた。 

3 日間、地図を片手に渋谷区内をとめどなく歩く中で、様々な建設中、あるいは解体中の建物や、束の間の空き地を目にした。当然、その場所にこれまでどのような建物が立っていたのかも、これからどのような建物がそこに立つのかも僕には分からない。けれども歩き続ける過程で、身体には変わりゆく街の匂いや、色が染み付いてくるのを感じる。 

数年前に描いた建設中の渋谷スクランブルスクエアのビルはすでに完成して、一つのランドマークとして渋谷の真ん中に立っている。取材の最後に訪れたその屋上から、灰色に溶け込む街を見渡してみた。見渡す限りの風景のこれまでとこれからをなんとなく想像してみるが、結局はどこを区切るかというだけで、これまでもこれからの風景も続いていた。 

変わるということが変わらない事実として、いつも目の前に広がっている。 

西川茂

 

MORE

取り扱い タグチファインアート
サイズ 60.6 x 91.0 x cm
素材 油彩・キャンバス・パネル
商品コード 1100017727
配送までの期間 3日
カテゴリー
購入条件

RELATED ART WORKS西川茂の作品一覧