ベルギー出身、メキシコ在住のアーティスト、フランシス・アリス(Francis Alÿs)の作品集。2021年10月から2022年1月にかけてローザンヌの「ヴォー州立美術館(Musée Cantonal des Beaux-Arts de Lausanne / MCBA)」で開催された大規模個展に伴い刊行された。

作者は創作活動の中心的なテーマとして、「歩く」という行為に特別重点を置いており、本書はそれをもとに制作された映像、絵画、ドローイングの作品の概要を提示する一冊である。芸術、建築、社会的実践の交差点において、作者の作品は都市の緊張と作者が探索した空間の地政学的な利害関係を探求している。都市の探索から、領域とその境界線の研究まで、作者は日々の儀式的に行われる決まりごと、無意識的な習慣、経験を詩的な映像や紙上の作品を通して時系列で記録する。本書では、作者のアフガニスタンでの経験に基づく作品や、幼少期の想像上の空間と空間詩学が結びついた「Children's Games」シリーズなど、いくつものプロジェクトにハイライトが当てられている。

「ヴォー州立美術館」のキュレーターであるニコール・シュヴァイツァー(Nicole Schweizer)が編集とテキストを担当、本書の特集評論を「カリフォルニア大学バークレー校」の美術史教授であるジュリア・ブライアン・ウィルソン(Julia Bryan-Wilson)、ニューヨークで活躍するフリーランスのキュレーターであり作家のルイス・ペレス=オラマス(Luis Pérez-Oramas)、カリフォルニア大学リバーサイド校のメディア・文化学准教授であるジュディス・ローデンベック(Judith Rodenbeck)が務める。

MORE

フランシス・アリス

AS LONG AS I’M WALKING

2022

SOLD OUT

ベルギー出身、メキシコ在住のアーティスト、フランシス・アリス(Francis Alÿs)の作品集。2021年10月から2022年1月にかけてローザンヌの「ヴォー州立美術館(Musée Cantonal des Beaux-Arts de Lausanne / MCBA)」で開催された大規模個展に伴い刊行された。

作者は創作活動の中心的なテーマとして、「歩く」という行為に特別重点を置いており、本書はそれをもとに制作された映像、絵画、ドローイングの作品の概要を提示する一冊である。芸術、建築、社会的実践の交差点において、作者の作品は都市の緊張と作者が探索した空間の地政学的な利害関係を探求している。都市の探索から、領域とその境界線の研究まで、作者は日々の儀式的に行われる決まりごと、無意識的な習慣、経験を詩的な映像や紙上の作品を通して時系列で記録する。本書では、作者のアフガニスタンでの経験に基づく作品や、幼少期の想像上の空間と空間詩学が結びついた「Children's Games」シリーズなど、いくつものプロジェクトにハイライトが当てられている。

「ヴォー州立美術館」のキュレーターであるニコール・シュヴァイツァー(Nicole Schweizer)が編集とテキストを担当、本書の特集評論を「カリフォルニア大学バークレー校」の美術史教授であるジュリア・ブライアン・ウィルソン(Julia Bryan-Wilson)、ニューヨークで活躍するフリーランスのキュレーターであり作家のルイス・ペレス=オラマス(Luis Pérez-Oramas)、カリフォルニア大学リバーサイド校のメディア・文化学准教授であるジュディス・ローデンベック(Judith Rodenbeck)が務める。

MORE

取り扱い twelvebooks
サイズ 28.5 x 24.1 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100033219
出版 JRP|EDITIONS
著者 Francis Alÿs
ISBN 9783037645727
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥770(税込)
購入条件