アメリカ人アーティスト、映像作家であるルーシー・レイヴン(Lucy Raven)の作品集。2021年から2022年にかけて、作者はアメリカ国防総省や民間の軍需企業によく試験場として利用されているニューメキシコ州の爆発物試射場で、60点以上もの独特な銀塩の影写真(ゼラチンシルバー・シャドウグラム)のシリーズを制作した。その場に弾道研究所が特注で作った部屋ほどの大きさの黒い箱、いわゆる「カメラ・オブスキュラ」の中で感光紙をマイクロ秒間露光することにより、作者は爆発を構成する空気と原料のすさまじい圧力を記録した。そうした実証に基づいた実験の結果、捉えがたいほど微細に屈折した抽象画が生まれた。この作品は、目に見えない衝撃波の力の「証人」である。爆風の波が発生源からそれぞれのシャドウグラムの表面に対して放射され、極度の事象が起こる中で、物質的な力は抽象的な痕跡や物理的残骸へと変容するのである。

爆発物試射場のある町の名は、救援(succour)や安堵(relief)を意味する「ソコロ(Socorro)」である。ネイティブ・アメリカンのピロ・プエブロたちが水と共に迎え入れたことから、衰弱したスペイン人開拓者たちによってそう名付けられた。核兵器の最初期の実験場にも近いこの地に作者が興味を持ったのは、圧力や力、物質的変容の特性と関連してアメリカ西部の過去と現在を探る近代の西部劇三部作の二作目を撮影している時であった。

 

MORE

ルーシー・レイヴン

SOCORRO! [SIGNED]

2023

¥ 14,850 (税込)

アメリカ人アーティスト、映像作家であるルーシー・レイヴン(Lucy Raven)の作品集。2021年から2022年にかけて、作者はアメリカ国防総省や民間の軍需企業によく試験場として利用されているニューメキシコ州の爆発物試射場で、60点以上もの独特な銀塩の影写真(ゼラチンシルバー・シャドウグラム)のシリーズを制作した。その場に弾道研究所が特注で作った部屋ほどの大きさの黒い箱、いわゆる「カメラ・オブスキュラ」の中で感光紙をマイクロ秒間露光することにより、作者は爆発を構成する空気と原料のすさまじい圧力を記録した。そうした実証に基づいた実験の結果、捉えがたいほど微細に屈折した抽象画が生まれた。この作品は、目に見えない衝撃波の力の「証人」である。爆風の波が発生源からそれぞれのシャドウグラムの表面に対して放射され、極度の事象が起こる中で、物質的な力は抽象的な痕跡や物理的残骸へと変容するのである。

爆発物試射場のある町の名は、救援(succour)や安堵(relief)を意味する「ソコロ(Socorro)」である。ネイティブ・アメリカンのピロ・プエブロたちが水と共に迎え入れたことから、衰弱したスペイン人開拓者たちによってそう名付けられた。核兵器の最初期の実験場にも近いこの地に作者が興味を持ったのは、圧力や力、物質的変容の特性と関連してアメリカ西部の過去と現在を探る近代の西部劇三部作の二作目を撮影している時であった。

 

MORE

取り扱い twelvebooks
エディション limited edition of 500 signed copies
サイズ 36.0 x 28.0 x cm
重量 1.0kg
商品コード 1100027870
出版 MACK
著者 Lucy Raven
ISBN 9781913620998
配送までの期間 ご注文確定後、2-7日以内
カテゴリー
送料 ¥770(税込)
購入条件